害虫、害獣駆除後のアフターケア|シロアリ、ハクビシンなんでもKO

勝手に駆除ができない

害獣の種類によっては害獣駆除も勝手には出来ないので注意

散布機

害獣駆除というと、害獣なのだからどんな害獣でも駆除出来ると思い込みがちですが、実は法律的に保護しなければならない害獣もいるため注意が必要です。そういう場合は勝手に自分で害獣駆除することはできないので、許可が必要になります。そのため動物愛護や自然保護の観点から規制されているので、害獣駆除の申請に必要な書類を代理で作成したり駆除を行う専門の業者が存在します。保護しなければならない動物は具体的にはドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミ以外の害獣は駆除をする前に必ず許可を得なければいけません。たとえばハクビシンやアライグマはチョウセンイタチ(オスに限る)などは鳥獣保護法によって捕獲を禁止されています。捕獲して駆除する場合には保健所や市役所などに許可を申請する必要があります。

普段から害獣を寄せ付けないために

害獣からの被害を守るためには普段から害獣を寄せ付けないようにすることが大切です。たとえばハクビシンやアライグマ、イタチなどは木登りが上手なので、家屋のそばに植わっている木などをつたって侵入してくることもあります。そのため枝や葉が家屋に届かないように伐採しておくといった工夫が必要です。また小さなすき間から侵入してくるので、通気口のすき間やちょっとした割れ目などがないか注意して確認し、見つかった場合には侵入できないように塞ぐことが必要です。また害獣の多くは嗅覚が鋭いため、家屋の近所に食べ物のごみやペットフードのお皿などを置き忘れないようにすることも肝心です。このような注意と対策で防いだとしても、もうすでに屋根裏などには害獣が住み着いてるかもしれません。個人での駆除は難しい場合が多いので、物音や臭いなどで、すこしでも怪しいなと感じたら、まずは害獣駆除専門業者に相談を依頼されると良いでしょう。